システムエンジニアの出世を考える

出世したいシステムエンジニアに贈る「管理職になるための知恵」

システムエンジニアのフリーランス:ハイパフォエンジニアの活用

【ハイパフォエンジニア】をチェック!

【ハイパフォエンジニア】をチェック!
LINEで送る
Pocket

ハイパフォエンジニア

「会社員としての管理職はやりたくないけど高収入は狙いたい!」そんなシステムエンジニアの願いを叶えてくれるエージェントがハイパフォエンジニア。夢の年収1,000万円超もハイパフォエンジニアにかかれば現実に変えられるかもしれません。

高単価へのこだわりが強い

ハイパフォエンジニア最大の特徴は案件の単価が高いことです。上流工程を含んだエンド直請け案件が多いので、もともと高単価な上に低マージン。平均報酬が80万円ということからも、一般的なエージェントが紹介する案件とは一味違うことがわかると思います。報酬が高いということは、それだけの技術とマネジメント力を兼ね備えた人材が求められることを意味しています。そう聞くとかなりの経験年数と実績が必要なのだろうと思ってしまうのですが、実はマネジメント経験1年でも案件が見つかる可能性があるとか。会社員なら若手と呼ばれるような人でも、能力次第で年収1,000万円を突破できるんです。開発現場の最前線でコードを書きまくりたい人にはおすすめできませんが、マネジメントスキルをあげて将来のキャリアにつなげたい人には断然おすすめのエージェントです。

ベテランエンジニアも活躍中

ハイパフォエンジニアで取り扱っている案件のほとんどは、若さというよりもマネジメント経験が問われる上流工程ばかり。経験豊富な30代40代のエンジニアにも活躍のチャンスがいっぱいあります。ベテランエンジニアが活躍するコツは、若手エンジニアと張り合わず大人の知恵をフルに発揮することです。フリーランスエンジニアって、20代の若手が好まれる印象がありますよね。30代を超えて年齢を重ねれば重ねるほど案件が減っていくのは事実。30代なんて一般的にはまだまだ働き盛りなのに、エンジニアの世界ではどうしてこうも厳しいのかと不思議に思うかもしれませんが、高年齢層のエンジニアが敬遠される理由は「ベテランになってくると扱いにくい」という意外とシンプルなものだったりします。フリーランスを導入する現場からすれば、気を使うベテランより若手のほうがマネジメントしやすいというわけですね。ならばベテランになっても扱いやすいエンジニアでいられるよう努力すればいいのです。

スピーディーなキャッシュフロー

「月末締翌15日払い」という業界最速クラスのキャッシュフローは、ハイパフォエンジニアの魅力のひとつ。報酬をきっちり回収できるかどうかは毎月フリーランスを悩ませる問題なので、このシステムはかなりうれしいポイントです。

フリーランス案件はこちら ハイパフォエンジニア ハイパフォエンジニアでは、クライアントからの支払いを待たずしてエージェントが先に報酬を支払ってくれます。

おすすめ記事!

  • 向いてるのは管理職?専門職?

    何事にも向き不向きというものはあるもので、管理職や専門職にももちろん性格的、技術的な向き不向きがあります。システムエンジニアは35歳前後で一回大きな節目を迎えることになるので、その前に自分の適性についてよく考えておく必要があるでしょう。この先ずっと専門職のままでいることを望むなら、フリーランスを視野に入れて考えましょう。フリーランスになれば、管理職を命じられる心配もなくマイペースに働くことができます。

  • どんなスキルが必要?

    マネジメントを担当するシステムエンジニアに必要なのは、現場経験に基づいた豊かな想像力です。現場に対する想像力があれば、チームのメンバーひとりひとりの状況を正確に理解し、個々の状況に応じて適切な言葉をかけられるようになります。プロジェクトのスケジュールとかかるコストに関するマネジメント、リスクマネジメントなどについてもそれと同じで、幅広い視野を持ってあらゆる可能性について想像する力が求められるでしょう。

  • どうすれば出世できる?

    収入を増やすために出世したいと思ったら、出世を決める立場の人の仕事観を探りましょう。システムエンジニアなら技術力を見て欲しいというのが本音でも、出世にはある程度の処世術が必要です。もし自分と上司の価値観が大きく異なるならば、相手の価値観に合わせることも戦略として必要になるかもしれません。理不尽な思いをすることもありますが、会社組織の中で出世していくためには、上司やその他影響力がある人々の力が欠かせないのです。

Menu

PAGE TOP