システムエンジニアの出世を考える

出世したいシステムエンジニアに贈る「管理職になるための知恵」

システムエンジニアのフリーランス:管理職がダメなら独立を

管理職が向いてなければフリーランス!

管理職が向いてなければフリーランス!

今よりもっと収入を上げるためにはどうしても出世が必要、出世するためには管理職としてのスキルと心構えが必要、でもやっぱり自分は管理職に向いていない。そう思ったらフリーランスを検討しましょう。フリーランスになれば、上司も部下もない環境下でシステムエンジニアとして働くことができます。営業や交渉に自信がなくても、フリーランス案件を扱うエージェントを利用すれば途切れることなく案件を受注できるようになりますよ。

管理職が向いてなければフリーランス!の記事一覧

  • 【レバテックフリーランス】をチェック!

    【レバテックフリーランス】をチェック!

    レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニアに案件を紹介しているエージェントです。東京を中心とした関東と、大阪を中心とした関西のフリーランス案件に強く、個人ではなかなか手にできないような非公開案件も数多く保有しています。東京と大阪で無料の相談会を実施しているので、管理職よりも専門職として働き続けたいと考えるシステムエンジニアは、自分にどんな選択肢があるのか一度相談してみることをおすすめします。

  • 【ハイパフォエンジニア】をチェック!

    【ハイパフォエンジニア】をチェック!

    ハイパフォエンジニアは、フリーランスのエンジニアにおすすめの案件紹介サイトです。1ヶ月の平均報酬は80万円以上、中には100万円以上の案件も多数あるなど、上流エンジニア案件に強いのが最大の特色です。案件の性質上、現場よりもマネジメント中心になることが少なくないので、経験豊富なベテランエンジニアの活路にもなります。若手エンジニアであっても、マネジメント経験があれば年収1,000万円越えを狙うことができます。

  • 向いてるのは管理職?専門職?

    向いてるのは管理職?専門職?

    システムエンジニアとしての将来を考えると、いつかは管理職の話がくることは容易に想像できます。エンジニアの仕事と管理職ではまったく内容が違うので、専門職一本でひたすらやってきたという人は管理職について考えておく必要があります。管理職にも専門職にも向き不向きがあります。自分が最も力を発揮できるポジションを分析し、最善の働き方を貫くために今どうしたらいいかを、できるだけ早いうちから計画しておきましょうね。

おすすめ記事!

  • 向いてるのは管理職?専門職?

    何事にも向き不向きというものはあるもので、管理職や専門職にももちろん性格的、技術的な向き不向きがあります。システムエンジニアは35歳前後で一回大きな節目を迎えることになるので、その前に自分の適性についてよく考えておく必要があるでしょう。この先ずっと専門職のままでいることを望むなら、フリーランスを視野に入れて考えましょう。フリーランスになれば、管理職を命じられる心配もなくマイペースに働くことができます。

  • どんなスキルが必要?

    マネジメントを担当するシステムエンジニアに必要なのは、現場経験に基づいた豊かな想像力です。現場に対する想像力があれば、チームのメンバーひとりひとりの状況を正確に理解し、個々の状況に応じて適切な言葉をかけられるようになります。プロジェクトのスケジュールとかかるコストに関するマネジメント、リスクマネジメントなどについてもそれと同じで、幅広い視野を持ってあらゆる可能性について想像する力が求められるでしょう。

  • どうすれば出世できる?

    収入を増やすために出世したいと思ったら、出世を決める立場の人の仕事観を探りましょう。システムエンジニアなら技術力を見て欲しいというのが本音でも、出世にはある程度の処世術が必要です。もし自分と上司の価値観が大きく異なるならば、相手の価値観に合わせることも戦略として必要になるかもしれません。理不尽な思いをすることもありますが、会社組織の中で出世していくためには、上司やその他影響力がある人々の力が欠かせないのです。

Menu

PAGE TOP