システムエンジニアの出世を考える

出世したいシステムエンジニアに贈る「管理職になるための知恵」

システムエンジニアの管理職:気になる情報をチェック

管理職に関する情報をチェック!

管理職に関する情報をチェック!

システムエンジニアが管理職になったら具体的にどのようなマネジメントを行うのか、どのようなスキルが必要なのかについての情報をご紹介します。マネジメント力に自信がない人は、マネジメントにあたっておさえておくべきポイントを把握し、管理職としての視点でまわりを見ることを意識しましょう。自分が部下なら上司にどう接して欲しいかを考えてみると、管理職になったときに自分がどう行動すればいいかがわかるかもしれません。

管理職に関する情報をチェック!の記事一覧

  • どんなスキルが必要?

    どんなスキルが必要?

    システムエンジニアが管理職になると、エンジニアとしての技術力ではなく管理職としてのマネジメント力が問われるようになります。どのようなマネジメントをすればいいか迷ったら、自分がこれまでにどのようなマネジメント下で仕事をしてきたか振り返ってみると、どうすればプロジェクトメンバーの力を最大限に生かせるかがわかるかもしれません。慣れない進捗管理については、プロジェクト管理専用のツールをうまく活用して乗りきりましょう。

  • どんなマネジメントをする?

    どんなマネジメントをする?

    管理職に求められるマネジメント力は、持ち場にかかわるすべての要素にからんでいます。その中でも管理部署の業績を大きく左右しうるのが、人に対する管理職のマネジメント力です。同じメンバーであっても、マネジメントの方法によって部下のパフォーマンスの質が正反対になることもあるなど、管理職のマネジメント力には大きな力があります。そして、お金と時間、リスクに対する管理職のマネジメント力も企業の業績に大きく響きます。

おすすめ記事!

  • 向いてるのは管理職?専門職?

    何事にも向き不向きというものはあるもので、管理職や専門職にももちろん性格的、技術的な向き不向きがあります。システムエンジニアは35歳前後で一回大きな節目を迎えることになるので、その前に自分の適性についてよく考えておく必要があるでしょう。この先ずっと専門職のままでいることを望むなら、フリーランスを視野に入れて考えましょう。フリーランスになれば、管理職を命じられる心配もなくマイペースに働くことができます。

  • どんなスキルが必要?

    マネジメントを担当するシステムエンジニアに必要なのは、現場経験に基づいた豊かな想像力です。現場に対する想像力があれば、チームのメンバーひとりひとりの状況を正確に理解し、個々の状況に応じて適切な言葉をかけられるようになります。プロジェクトのスケジュールとかかるコストに関するマネジメント、リスクマネジメントなどについてもそれと同じで、幅広い視野を持ってあらゆる可能性について想像する力が求められるでしょう。

  • どうすれば出世できる?

    収入を増やすために出世したいと思ったら、出世を決める立場の人の仕事観を探りましょう。システムエンジニアなら技術力を見て欲しいというのが本音でも、出世にはある程度の処世術が必要です。もし自分と上司の価値観が大きく異なるならば、相手の価値観に合わせることも戦略として必要になるかもしれません。理不尽な思いをすることもありますが、会社組織の中で出世していくためには、上司やその他影響力がある人々の力が欠かせないのです。

Menu

PAGE TOP