システムエンジニアの出世を考える

出世したいシステムエンジニアに贈る「管理職になるための知恵」

管理職のシステムエンジニアに出世するために

出世に関する情報をチェック!

出世に関する情報をチェック!

今よりもっと給料が欲しいと思ったら、それは出世を意識すべきときです。頑張っている人が公平に評価されて出世していくシステムならば、余計なことは考えずに仕事をひたすら頑張るのみなのですが、実際のところは要領の良さも大きく関係します。システムエンジニアが出世したいと思ったら、同僚や部下ではなく管理職に評価してもらうことを強く意識しましょう。出世するタイプの人の行動を参考に今の自分の行動を見直してみるのも良い方法ですよ。

出世に関する情報をチェック!の記事一覧

  • どうすれば出世できる?

    どうすれば出世できる?

    システムエンジニアが次に目指すは管理職です。給料をもっと上げたいと考えるなら、出世に向けた努力をはじめるときです。出世するかしないかを判断するのが上司なら、上司の心に響く仕事をするのが一番です。上司と自分の仕事に対する価値観が異なるなら、上司の価値観にマッチする仕事を心がけましょう。社内で影響力を持っている人からの評価が出世を左右する場合もあるので、どこで誰が見ても高く評価してくれるような仕事ぶりを心がけましょう。

  • 出世する人の特徴って?

    出世する人の特徴って?

    どんな人が出世するかはその企業のやり方を表しています。本来であれば、仕事がデキる人が出世していくべきところですが、必ずしもそうではないというのが現実です。特に出世欲が強い人ばかりが勝ち上がる風土がある企業は、実力よりも人脈による出世が目立ちます。一方で、実力を正当に評価する企業では、真の実力者が出世していきます。中には、出世にまるで興味のない人がポテンシャルを評価されて出世していくケースもあります。

おすすめ記事!

  • 向いてるのは管理職?専門職?

    何事にも向き不向きというものはあるもので、管理職や専門職にももちろん性格的、技術的な向き不向きがあります。システムエンジニアは35歳前後で一回大きな節目を迎えることになるので、その前に自分の適性についてよく考えておく必要があるでしょう。この先ずっと専門職のままでいることを望むなら、フリーランスを視野に入れて考えましょう。フリーランスになれば、管理職を命じられる心配もなくマイペースに働くことができます。

  • どんなスキルが必要?

    マネジメントを担当するシステムエンジニアに必要なのは、現場経験に基づいた豊かな想像力です。現場に対する想像力があれば、チームのメンバーひとりひとりの状況を正確に理解し、個々の状況に応じて適切な言葉をかけられるようになります。プロジェクトのスケジュールとかかるコストに関するマネジメント、リスクマネジメントなどについてもそれと同じで、幅広い視野を持ってあらゆる可能性について想像する力が求められるでしょう。

  • どうすれば出世できる?

    収入を増やすために出世したいと思ったら、出世を決める立場の人の仕事観を探りましょう。システムエンジニアなら技術力を見て欲しいというのが本音でも、出世にはある程度の処世術が必要です。もし自分と上司の価値観が大きく異なるならば、相手の価値観に合わせることも戦略として必要になるかもしれません。理不尽な思いをすることもありますが、会社組織の中で出世していくためには、上司やその他影響力がある人々の力が欠かせないのです。

Menu

PAGE TOP