システムエンジニアの出世を考える

出世したいシステムエンジニアに贈る「管理職になるための知恵」

システムエンジニアのフリーランス:レバテックフリーランスの活用

【レバテックフリーランス】をチェック!

【レバテックフリーランス】をチェック!
LINEで送る
Pocket

レバテックフリーランス

「自分は管理職に向かない」と思うなら、あえて向かない仕事の道を選ばずにシステムエンジニアとしての道を突き進むのもアリ。ここで独立が頭をよぎると思うのですが、仕事を見つける自信がなくて断念する人も多いはずです。そんな人にこそぜひ知ってほしいのがレバテックフリーランスです。

レバテックフリーランスって?

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニア案件に特化したサービスを提供しているエージェントです。運営元のレバテック株式会社は、レバテックビギナーやレバテックキャリア、レバテッククリエイター、レバテックエキスパートなど、IT業界で働きたい人みんなをまるごとサポートできる仕組みを展開中。レバテックフリーランスはその中のひとつです。とにかくIT業界に強そうだということが伝わってきますよね。

業界最大級の案件保有数

IT業界に強いエージェントということもあって、レバテックフリーランスの保有案件数は業界最大級です。これまでにつないできた企業とのパイプを生かして、市場に出回らないレア案件を随時確保しています。個人が何年かけても得られない信用も、エージェントを通せばばフリーパス。仕事が選べる楽しさをフリーランスになってすぐ実感できます。さらにうれしいのが単価の良さです。利用者の平均年収が801万円という事実にはかなりの説得力があります。これだけの単価を確保できるのは、これまで培ってきたレバテックフリーランスの実績はもちろんのこと、中間業者を入れずに直接受注することでマージンを低くおさえられることも大きく関係します。
問題は、こうして書かれていることが自分にどう当てはまるのかということかもしれません。そんなときは、あれこれと悩まずストレートに聞いてみるのがおすすめ。レバテックフリーランスでは、東京と大阪の2都市で無料の個別相談会を開いています。IT業界のことならなんでも相談できるプロのコーディネーターがスタンバイしているので、この機会をぜひ活用してチャンスをつかんでくださいね。

レバテックフリーランスのデメリット

レバテックフリーランスで紹介している案件は、東京を中心とした関東のものがほとんどです。関西の案件も扱っていますが、関東に比べるとかなり少ない印象を持つかもしれません。また、ほとんどの案件は企業常駐型で、ビギナー向けの在宅型案件はあまりありません。条件のいい案件を獲得するためには努力あるのみ。まずはコツコツとスキルアップしながら実績を増やしていきましょう。

フリーランス案件はこちら レバテックフリーランス 案件を紹介するだけでなく、条件交渉や契約までフルサポートしてくれるので、わからないことだらけの人でも安心ですよ。

おすすめ記事!

  • 向いてるのは管理職?専門職?

    何事にも向き不向きというものはあるもので、管理職や専門職にももちろん性格的、技術的な向き不向きがあります。システムエンジニアは35歳前後で一回大きな節目を迎えることになるので、その前に自分の適性についてよく考えておく必要があるでしょう。この先ずっと専門職のままでいることを望むなら、フリーランスを視野に入れて考えましょう。フリーランスになれば、管理職を命じられる心配もなくマイペースに働くことができます。

  • どんなスキルが必要?

    マネジメントを担当するシステムエンジニアに必要なのは、現場経験に基づいた豊かな想像力です。現場に対する想像力があれば、チームのメンバーひとりひとりの状況を正確に理解し、個々の状況に応じて適切な言葉をかけられるようになります。プロジェクトのスケジュールとかかるコストに関するマネジメント、リスクマネジメントなどについてもそれと同じで、幅広い視野を持ってあらゆる可能性について想像する力が求められるでしょう。

  • どうすれば出世できる?

    収入を増やすために出世したいと思ったら、出世を決める立場の人の仕事観を探りましょう。システムエンジニアなら技術力を見て欲しいというのが本音でも、出世にはある程度の処世術が必要です。もし自分と上司の価値観が大きく異なるならば、相手の価値観に合わせることも戦略として必要になるかもしれません。理不尽な思いをすることもありますが、会社組織の中で出世していくためには、上司やその他影響力がある人々の力が欠かせないのです。

Menu

PAGE TOP